Tシャツのプリントはやっぱりオリジナルがいい

持ち込み

町内会の催しや学校祭、またボランティア活動を行う際などには
オリジナルTシャツをオーダーするという機会もあるものですが、
その場合には自分たちの気に入ったデザインや写真、また手書きの原画などを
持ちこみする事が出来るというプリントショップもあるものです。

こういった機会にお揃いのオリジナルTシャツを着ることで、親近感が湧きやすくなり
コミュニケーションを取る際にも無意識に役立っていたりします。

そのため、デザインには参加する人が受け入れやすいような色や言葉を選んで
Tシャツ作りに活かすことが大切です。

そしてデザインの内容が決まったら、それが確実に製作できるものかどうかを
確認しておくと良いでしょう。

その場合には詳細をしっかりと聞いておき、Tシャツのプリントの
仕上がりイメージを見せてもらったりしておくと、納品されてから
想像と違ってしまったという事にならなくて済みます。

布の色や特質によってプリントの発色なども違いますし、
生地そのものの厚みによって、着た時のイメージも変わります。

確認できるのであれば、生地見本や上がりの見本で自分の作りたいものに近いサンプルを
実際に手にとって確認するのをおすすめします。

発色が違う

プリントをするものの持ち込みについては、お店によって規定があることもあるので
最初にお願いをする際に確認をして確かめておく事が大切です。

仕上がり

またデザインの持ち込みの有無、Tシャツの注文枚数などによって
お値段に違いが出ると言う事もありますし、キャンペーンによっては
大幅に割引などが行われるケースなども少なくないので、予めインターネットの
サイトなどを利用して、下調べをするのもお勧めです。

せっかくオリジナルのものをつくるのですから、納得のゆくように仕上げたいものですね。